講堂と体育館






[PR]



2009年09月05日(Sat)
講堂と体育館
きのう 福祉広場の実行委員会に出た

「今年は小学校の体育館を使わず野外ステージにします」

その理由がすごい

このごろの体育館は床に傷を付けては行けない

   らしい

決して貸さないと言うのではない
使用するためには専用のマットを敷き
マットのない部分はブルーシートを敷く 
ブルーシートはガムテープで止める 
   けれど
ガムテープは床に貼ってはいけない。
   ・・・

体育館の床は汚してもキズをつけてもいけない
   ・・そうだ・・

子供らは体育館でどうしているのだろう
   聞いてみる

1 「今の子供は傷つけたりしないのよ」
2 「教育が行き届いているから」
3 「小学生 おとなしいですよ」

   おそろしい気がする

   世も末だ!

と おもうのは 私だけだろうか 

 
わたしの小学校・中学校共に講堂があった。

講堂には舞台があり 全体の作りも立派だ
特に天井は体育館とは大違いだった。
舞台の反対側は壁で側面も窓が少なく
なんとなく気品があった。

講堂でも体育の授業に使われるので 
飛んだりはねたり転がったりする。
中学では使い分けがはっきりしていて
ボールを使う授業は体育館だった。
たまに雨で講堂でボールを使う場合
舞台にボールが行くと注意された。

体育館は まず広い
寒寒として3方向+αから光が入ってくる
天井はとても高い。
体育は冬は講堂・夏は体育館のほうが良い

体育では平均台や跳び箱を使うから
当然床は傷がつく
特に平均台ははこぶのがたいへんだし 
時には一人で動かすから引っ張ったりおしたりする
足を怪我しないようにとは考えても
床が傷つくことなど心配するわけない。

それに昔から選挙の投票所に使われる時は
床に渡り廊下の板を並べて土足同様だった。


現在の床を張り替えた小学校の音楽会では
来客用に木の椅子を並べていた。
来客は椅子を引き寄せたり足でずらしたり
自然な行動として行う。
事前に注意もないし、学校行事では気にならないようだ。
   当然? 床に傷をつけないように
   と 注意したら 観客がいなくなりそうだ。


時代が変われば というけれど
大の苦手の 「今は昔」 が なつかしい















   


celestaの自由文言1


新着トラックバック/コメント

celestaの自由文言2

カレンダ
2009年9月
    5
     

アーカイブ
2007年 (3)
5月 (3)
2009年 (174)
1月 (5)
2月 (18)
3月 (18)
4月 (18)
5月 (14)
6月 (19)
7月 (16)
8月 (18)
9月 (11)
10月 (13)
11月 (8)
12月 (16)
2010年 (5)
1月 (5)

アクセスカウンタ
今日:10
昨日:11
累計:209,419